薄毛・育毛関連コラム

無茶なダイエット・栄養不足が薄毛の原因になる場合も?


ダイエットによって薄毛になる可能性があることを、あなたはご存知ですか。なぜダイエットが薄毛の原因になるのでしょう。答えは簡単です。ダイエットは食事制限であるため、限られた栄養分が内臓や筋肉に優先して回され、本来髪の毛を育てるために必要な栄養分が不足してしまうからです。とりわけ、特定の物しか食べないダイエットの場合は、栄養分そのものも偏りがちで、髪の毛の育成にもかなりの影響が出てしまいます。


また食事制限以外にも、ダイエットによるストレスや、栄養バランスの崩れから起きるホルモンの過剰分泌などで、薄毛になってしまうこともあります。それから食事制限がメインで運動をあまりしないと、筋肉を使わないため血行不良となり、それがひいては薄毛を引き起こしてしまうケースも見られます。


それから、ダイエットをしているのにうまく行かないというのが理由で、リバウンドを起こすこともあります。このリバウンドによって体脂肪率が上がると、皮脂の分泌も盛んになり、それが毛穴を塞いで薄毛となってしまう可能性もあるのです。


ダイエットが原因の薄毛を避けるためには、まずバランスのいい食事を摂るようにすることです。海藻や根菜、大豆製品といった、髪の成長を助けるものや、糖質や脂質を吸収しにくいものを積極的に食生活に採り入れましょう。また青魚には食欲を抑制する成分に加え、血液をサラサラにする効果もあります。また、アルコールは気分転換に少量飲むくらいであればいいのですが、皮脂の分泌を盛んにしますので、くれぐれも飲みすぎないようにしましょう。


また、適度に運動をするのもダイエットを継続するうえでは大事です。屋外で日差しの強い時間帯に行う時には、できるだけ頭皮を紫外線にさらさないように、帽子をかぶるのがお勧めです。運動後のシャンプーの時は頭皮をもみほぐすようにして丁寧に洗い、すすぎ残しがないように気を付けて、トニックは刺激分の強いものは避けるようにしてください。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム