薄毛・育毛関連コラム

生え際が後退する原因は?対策方法は?


薄毛の1つの種類として、生え際が後退していくものがあります。生え際が薄くなっていく原因としては、AGAと呼ばれている男性型脱毛症というものが考えられます。AGAは薄毛の原因として近年広く知られているものですが、頭頂部や生え際から髪の毛が薄くなっていき、後頭部などに髪の毛が残る形が多くなる特徴があります。


生え際対策を使用と考えたときには、AGA治療を受けることが効果的で、日本の医療機関を受診することでプロペシアなどの治療薬を処方してもらえます。AGAの原因は男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによって、薄毛を引き起こしてしまうDHTが増えることにあります。AGA治療薬であるプロペシアには、フィナステリドという成分が含まれていて、その効果によって5αリダクターゼの働きを阻害できることから、DHTの生成を抑制させることが可能になります。


一般的な皮膚科などの病院だけではなく、薄毛について専門的な治療を行っているクリニックを受診することで、プロペシアの処方を受けることができます。プロペシアなどの治療薬の処方を受けるときには、自由診療に該当しますので健康保険は適用されません。AGA治療薬は服用を開始してから、効果が実感できるようになるまでには半年ほどの期間にわたって継続的に服用を行う必要があることから、経済的なことも考えて治療することが大切になります。一般的にはクリニックを1か月間受診したときには、8000円から1万円ほどの費用がかかると言われています。


プロペシアと同様に国の認可を受けているAGA治療薬としては、ミノキシジルというものもあり、クリニックで処方を受けることができます。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があることから、頭皮に十分な栄養素を届けやすくなる効果があります。プロペシアとミノキシジルは併用することが可能で、お互いの相乗効果によって生え際対策を行うことができます。これらは医薬品に該当しますので、一定の副作用を発症させる可能性もあることから、医師の指導の下で説明を受けながら服用することが良い対策法になると言えます。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム