薄毛・育毛関連コラム

植毛と増毛の違いは?長所・短所を比較してみます


薄毛でお悩みの方は非常に多く、また、悩んでいるからと言って気軽にすぐに解決できるほど、費用も安くはありません。「植毛」「増毛」など色んな用語があって、何が自分に向いているのか、違いは何なのかもいまいち理解できていない方が多いのが現状ではないでしょうか。


「植毛」と「増毛」の違いは何なのでしょう。費用もばかにならない分、基本をしっかり理解したうえでご自身に合った方法で悩みを解決していくことが大切です。


「植毛」とは、自分の髪の毛を頭皮に植え付ける「自毛植毛」、もしくは人口毛を頭皮に移植していく方法です。長所としては、頭皮に植え付けていくので、生涯にわたって毛髪は伸び続け、お好きなヘアスタイルが楽しめます。また、自分の毛髪なので自然で、かつその後のメンテナンスが必要ありません。


短所としては、「植毛」は医療行為になるので、手術が必要になり、保険適用外なので費用がかなりかかるという点です。また、移植するので、患部が化膿したり拒否反応を起こしてしまうというリスクを伴います。


一方「増毛」は、現在ある自分の髪の毛に人口毛や人毛を結びつけたりするなどして、何らかの方法で毛をプラスすることです。また、特殊なシートを使って頭皮に張り付けて髪の毛のボリュームを出すことを言います。


長所としては、一気に髪の毛のボリュームが増えて、カツラよりは自然に見えるところです。また、簡単に薄毛を隠すことができます。短所としては、あくまでも「増毛」であり、地毛が増えるわけではないため、ずっとメンテナンスが必要になります。


「植毛」が一度してしまえば薄毛の悩みから解放される一方で、「増毛」はずっとメンテナンスが必要なので、トータルで見るとお金がかかります。一時的には良くても、「増毛」は根本的な薄毛の悩み解消にはつながらないのではないでしょうか。


また、植毛でも人口毛の植毛は拒絶反応のリスクが高いと言われていますが、「自毛植毛」はあくまでも自分の毛髪を植毛するので、人口毛の植毛に比べても拒絶反応が少なく、おすすめの植毛方法です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム