薄毛・育毛関連コラム

女性の薄毛と男性の薄毛の原因には違いがある?


薄毛と言えば中高年の男性のものというイメージがありましたが、現在では女性にも増えてきています。同じ薄毛であってもその下人には違いがあると言われているのですが、どこに違いがあるのでしょうか。


男性の薄毛の原因は、男性ホルモンの過剰な分泌にあります。男性らしい筋肉の付いた身体を作る男性ホルモンのテストテロンは、過剰に分泌されてしまうと体内の酵素の働きによってジヒドロテストテロンに変化してしまいます。ジヒドロテストテロンは髪の毛を作る元である毛乳頭細胞と結合してしまうと細胞分裂の回数が減ってしまい、髪の毛が作られなくなってしまいます。


男性の薄毛が前頭部と頭頂部に多いのも、テストテロンをジヒドロテストテロンに変換する酵素が多く分布している場所のためです。


それに対して女性の薄毛の原因は、ストレスだと言われています。ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、頭皮に髪を育てるために必要な栄養分や酸素が行き届かなくなってしまい、髪の毛が育たなくなってしまうのです。頭皮に栄養素や酸素が行き届かなくなる原因には女性特有の冷えからくる血行不良や、過度なダイエットによる栄養不足も影響を与えているのですが、主な原因はストレスにあると言われています。


また、自律神経のバランスの崩れは女性ホルモンの分泌バランスも崩してしまいます。女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を成長させる働きがありますが、ホルモンの分泌バランスが崩れエストロゲンが減少してしまうと、本来ならまだ成長できるはずの髪の毛の成長期が短くなってしまい、次に髪の毛が生えてくるまでの休止期が長くなってしまうため薄毛が進行してしまいます。そのため、男性と違って一部分ではなく、頭皮が全体的に髪が薄くなってくるのが特徴です。


男女それぞれに薄毛の原因が違うため、同じようなケアを行っても髪が生えてくるとは限りません。男性は男性の、女性は女性の原因を把握して育毛を行っていくことが重要です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム