薄毛・育毛関連コラム

有酸素運動が抜け毛・薄毛改善の助けになってくれる理由は?


運動不足が薄毛や抜け毛の原因の1つであるとされており、一方、有酸素運動がこうした現象の改善につながると期待されています。運動と薄毛や抜け毛の関係性は強いことがよくわかります。運動不足になると、血行が悪くなる傾向にあります。筋肉を動かさない分、それだけ血の巡りも悪くなり、新陳代謝をはじめ、体の循環が進まず、髪が育ちにくい要因となってしまいます。また、運動不足によって肥満体質になることにより、皮脂の分泌が増え、毛穴のつまりによる影響が考えられます。こうしたこともあり、有酸素運動によってこうしたものを減らしていくことが大事です。


手軽に始められる有酸素運動にウォーキングがあります。ウォーキングといっても、気構えてやらなくても、例えばバスで自宅まで帰るところを徒歩で帰るとか、最寄駅の一駅前で下車してそこから歩いて帰るといったことでも十分です。そうすることでいい汗をかき、体内の老廃物が汗となって流れます。この時、汗と一緒にジヒドロテストステロンという男性ホルモンも体外に排出されます。このホルモンによって発毛や育毛を妨げられており、汗を流すことでこのホルモンを外に出すことができます。また、ウォーキングによって新陳代謝も活発となりますし、気分もリフレッシュします。こうした有酸素運動をすることで髪にとってだけでなく、体にもいい影響を与えます。


他にも水泳なども有酸素運動なのでとても有効ですが、気軽に始められるという点ではウォーキングが一番最適です。薄毛の最大の敵は体質的な問題のほかにも精神的な問題があります。いわゆるストレスというものですが、運動をすることでこうしたストレスも解消します。薄毛対策で大事なのは生活習慣の改善です。有酸素運動だけをするのではなく、暴飲暴食や夜遅くまで起きていたり、タバコを吸っていたりという生活習慣、サイクルをこの機会に見直すことがとても大事であり、薄毛改善の近道といえます。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム