薄毛・育毛関連コラム

頭皮の乾燥・かゆみ・フケと薄毛には関係性あり?


薄毛になりやすい状態とは、頭皮に乾燥・かゆみ・フケなどが見られる状態です。これらの症状は連鎖的に発生しやすいため、まずは乾燥を防ぐことから始めてみましょう。乾燥するとかゆみ・フケが発生しやすいので、頭皮を十分に保湿して乾燥させないことです。


お肌の場合ですと、乾燥する理由には紫外線も少なからずあります。紫外線を大量に浴びてしまうと、水分を奪われて乾燥してしまうのです。ただ、頭皮に関しては紫外線が乾燥を招くケースは少ないです。髪が紫外線から頭皮を守ってくれるからです。毛量の少ない方はダメージを受けやすいですが、帽子を着用するなどして対策すれば大丈夫です。


頭皮が乾燥しやすい一番の原因は、強すぎるシャンプーの使用にあります。市販のシャンプーは洗浄力の強さにこだわっているため、高刺激タイプが多いのです。刺激が強いと皮脂を完全に除去して、乾燥を招くことになります。


皮脂の少ない頭皮は敏感になり、かゆみ・フケなどが発生しやすくなります。適度な皮脂は頭皮を安定させる働きがあるため、すべて除去するのは好ましくありません。


強すぎるシャンプーを使用している方は、洗髪後にコンディショナーで十分に保湿しましょう。薄毛を気にしている方には、あえてコンディショナーを使用しない方もいます。油分を補給すれば皮脂が増えて、抜け毛を増やすと考えているのです。しかし、適量の皮脂は必要であり、過剰に発生させなければ問題ありません。


頭皮の乾燥には食生活が影響している場合もあります。ダイエットをしている方は、脂肪を制限しすぎているケースが多いのです。皮脂の原料が不足すれば、乾燥肌を招くのは当然のことでしょう。


無理なダイエットをすると抜け毛が増えるのは、必要な栄養が不足してしまうからです。ダイエットは無理をせず、マイペースで少しずつ痩せていくのが好ましいです。1ヶ月に3kg程度のペースに抑えておき、短期大幅ダイエットは避けたほうがいいでしょう。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム