薄毛・育毛関連コラム

円形脱毛症など「脱毛症」の種類にはどんなものがある?


髪が薄くなる、抜け毛が多くなるなど、いわゆる脱毛症で悩む人は多いですが、その種類も様々なものがあり、対策法も変わってきます。


まず、特に代表的なものとしては男性型脱毛症があげられます。
男性ホルモンの影響や遺伝的な要素で起こるとされており、頭頂部から薄くなったり、前髪の生え際部分からM字型に薄くなる場合もあります。
こうした症状は少しずつ進行しするもので、最近では様々な治療方法も登場し、早めに治療を行うことで改善できることも多くなりました。


そして円形脱毛症もよく知られている脱毛症で、こちらは円形のはっきりとした脱毛部分ができるのが特徴的です。
年齢や性別に関係なくあわられるもので、一箇所だけできることもあれば、複数個所にできたり、悪化するとすべての髪、体毛まで抜けてしまう場合もあります。
原因ははっきりしていないものの、免疫異常などが疑われています。


さらに女性もやはり髪に悩む人は多く、びまん性脱毛症は女性の薄毛の中でも特に多い症状です。
男性の場合は頭頂部や生え際などはっきりとした薄毛部分ができますが、女性の場合は全体的にボリュームダウンするのが特徴的です。頭頂部やつむじ部分が目立ってきたり、分け目が広くなる傾向にあります。


さらに女性では産後脱毛症も代表的な症状となっています。これは妊娠、出産でホルモンのバランスが崩れることで起こるもので、産後しばらくすると大量の抜け毛が発生するのが特徴的です。とはいえ、ある程度の期間が過ぎると自然に回復することも多く、それほど心配はいらないとされている症状です。育児のストレス、睡眠不足などがあると治りづらい傾向にあります。


このほかでは牽引性脱毛症と呼ばれる症状もあり、長い髪の人に起こりやすい症状です。ポニーテールやアップヘアなどで髪をひっつめることで起こる症状です。
生え際部分が特に薄くなりやすいので、改善のためにはよりゆるくまとめたり、髪を短くするなどの対策が必要です。



名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム