薄毛・育毛関連コラム

紫外線は頭皮と髪の毛に悪影響を及ぼす?対処方法は?


紫外線は肌に良くないということは広く知られていますが、髪の毛や頭皮にとってもダメージになってしまう存在です。例えば髪の毛が紫外線に晒されることで毛髪内部のメラニン色素に影響を及ぼしますので茶色くなってしまったり、白髪になり易くなってしまうと言われています。


頭皮に関してもダメージになり、紫外線は毛乳頭細胞の働きを低下させてしまうと言われているのです。毛乳頭細胞に影響を及ぼすと健全な毛髪が育ち難くなりますので抜け毛リスクが高まりますし、さらには毛髪そのものを作る力も落ちてしまう為に薄毛になり易くなってしまいます。


紫外線にはこうした恐ろしさがある為にしっかりと対策をしなければいけないのですが、対策法としてはまず帽子や日傘を利用することです。直接頭皮に紫外線が当たってしまうとダメージになりますので、外出する際にはこういったアイテムを活用してみると良いでしょう。


なお帽子を被る場合、通気性が良くない物は避けた方が良いとされています。通気性が良くないと蒸れ易くなり雑菌が繁殖しますが、これもまた薄毛リスクを高める原因になるのです。また、サイズの合わない帽子も良くありません。頭皮を締め付ける形になる為、血行不良を招き脱毛を促進する恐れがあります。


紫外線対策としては頭皮を乾燥させないように注意することも大切です。頭皮が乾燥気味の場合はバリア機能が低下している状態なのですが、バリア機能が低下することで余計にダメージを受け易くなってしまいます。特に女性の場合は乾燥に対してより一層の注意が必要です。女性は男性と比べると皮脂の分泌量が少ないですし、またホルモンバランスが乱れ易い為に頭皮の乾燥を引き起こし易い傾向があるのです。


ですから紫外線による影響を受け易く、さらには乾燥自体も薄毛リスクを高める原因ですので、乾燥させない為にもしっかりと頭皮ケアを行ったり、生活習慣を整えてホルモンバランスが乱れないように対策をすることが大切です。



名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム