薄毛・育毛関連コラム

規則正しくない生活・睡眠不足が薄毛を促進させる理由は?


育毛サロンに行くと、薄毛の原因として規則正しくない生活・睡眠不足を指摘されることがあります。抜け毛とは頭皮の問題なので、毎日洗髪をしっかり行っていれば防げると考える方は多いでしょう。


しかし、頭皮も皮膚の一部であることを忘れてはいけません。お肌に悪い習慣は、間違いなく頭皮にも悪く、抜け毛・薄毛を促進することとなります。


規則正しくない生活の中でも、特に睡眠不足には注意が必要です。


睡眠時間が不足すると、ターンオーバーが乱れてしまうのです。22時?2時までの4時間は、細胞分裂が最も活発になります。髪が一番成長しやすい時間帯なので、この時間帯は必ず眠っておきたいのです。21時?22時くらいに床につくことは、熟睡をするためにもいいのです。


睡眠の質が悪くなっている方は、就寝時刻が遅い傾向があります。特に24時を過ぎてから就寝するような方は注意しましょう。不規則な睡眠が続くと、抜け毛が多くなってきます。


枕に付着する毛も多くなりますし、洗髪後の排水口も真っ黒になります。睡眠の質が悪くなっている方は、早寝早起きを意識してみましょう。


睡眠不足以外で注意したいポイントは食生活の乱れです。


偏食が多い、無理なダイエットをしている、朝食を摂らない、といった方は改善していきましょう。栄養が不足すると、髪はやせ細っていきます。少しずつ細く弱くなっていくので気づきにくいですが、3年・5年といった長期で考えるとかなりの変化を感じるはずです。定期的に昔の写真と比べて、毛量をチェックしておくといいです。


ストレスは髪の大敵となるので、溜めないための工夫が必要となります。ストレスにさらされる環境から逃げることは難しいでしょうが、解消させることは可能です。


早寝早起きをする、嫌なことは考えない、楽しいことをイメージする、などの対策も効果的です。ネガティブ思考の方ほど薄毛になりやすいため、ポジティブ思考に変えるための努力が必要でしょう。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム