薄毛治療コラム

フィナステリド配合のプロペシアの効果は?副作用はないの?


薄毛の原因はAGAであることが多いと言われていますが、AGA治療薬として効果が認められているものにプロペシアがあります。AGAを発症してしまう要因は、男性ホルモンのステトステロンというものがありますが、これが還元酵素である5αリダクターゼと結合することで、薄毛を進行させるDHTに変化します。DHTがホルモンバランスを乱すことによって、薄毛が進行していくと考えられています。


プロペシアに含まれているフィナステリドには、DHTが生成される原因となる5αリダクターゼの働きを阻害させる効果があることから、DHTが増加することを防ぐことが可能となります。プロペシアを服用することによって、DHTによって乱されたヘアサイクルを通常のものに戻せるようになりますので、抜け毛を予防できる治療薬として使用されています。


経口タイプの医薬品で厚生労働省の認可を受けているために、日本の医療機関を受診することで処方してもらえます。毎日1錠ずつ服用する必要があり、薄毛を改善させるための目に見える効果が得られるようになるまでは、半年ほどの期間にわたって治療を継続する必要があります。


プロペシアは薄毛に対する万能薬というわけではなく、一定の割合で副作用が生じる可能性もあります。服用することによって生じる副作用として多いものは、勃起不全や性欲の減退などの症状が挙げられます。その他にも頭痛や腹痛、眠気、胃部不快感、頻尿などの症状が現れるケースもあります。


副作用が出る確率としては、全体の1%から5%ほどと言われており、問題なく日常生活を過ごせることがほとんどとなります。プロペシアは男性型脱毛症に有効な治療薬となるもので、男性ホルモンに影響を受ける薄毛に対してしか効果がないことから、女性の服用は禁止されています。


女性がプロペシアを服用してしまうことによって、男の子を出産するときに生殖器障害を持った子供が産まれてしまう可能性も指摘されています。妊娠中の女性や生殖器が未発達の未成年に関しては、使用することが禁止されていますので十分に把握しておく必要があります。



名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム