薄毛治療コラム

AGA治療薬「ミノキシジル」の効果は?副作用は大丈夫?


AGA治療薬に使用される成分の中で、特に代表的なものの一つとして挙げられるのは「ミノキシジル」と呼ばれる物質です。ミノキシジルが含まれているAGA治療薬には飲み薬と塗り薬があり、AGA治療専門のクリニックでは両方を取り扱っている所が多いほか、ドラッグストアでも塗り薬を手に入れることができます。


AGA治療において、ミノキシジルは発毛を促進される効果をもたらします。塗り薬を例に効果があらわれるメカニズムについて簡単に述べると、ミノキシジルの塗り薬を頭部に塗布すると、まず頭部の毛細血管が拡張され、血流が改善します。これによって、毛根部にある毛乳頭細胞の毛髪の生成にかかせない成分の吸収を助けます。毛根部に十分な量の栄養素が運ばれると、AGAを発症する前の頃のように太くて長い毛髪が生成されやすくなります。AGAの薬物治療は、ミノキシジルが入った治療薬と、薄毛の進行を遅らせる効果があるフィナステリドと呼ばれる成分が入った治療薬と併用して行われるのが一般的です。


ミノキシジルが入った発毛剤の薬剤中には、ミノキシジルはごく少量しか含まれていません。なぜなら、ミノキシジルは作用が強力であるため、含有量を多くすると、頭皮の赤みや痒み、かぶれなどといった副作用のリスクが大きくなるからです。副作用が生じている状態を放置して使用を続けると、さらに頭皮が荒れて皮膚炎の症状が出る場合があるので、赤みや痒みが生じた段階でいったん使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。


日本では、ミノキシジルは塗り薬の成分として普及していますが、海外に目を向けると、飲み薬として多くの国で販売されています。ミノキシジルは元々は飲み薬の成分として使用されていたもので、高血圧患者の血圧をさげるために投与していたところ、服用前より体毛が濃くなったとうったえる患者が数多く報告され、これがきっかけとなって発毛促進剤としての研究が始まり、製品化されていったという経緯があります。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム