薄毛治療コラム

AGA治療薬にはどんな種類がある?効果・副作用は?


AGA治療薬には、一定の効果が期待できるものとして5α-還元酵素阻害薬とミノキシジルがあります。これらには高い有効性が認められるものの、医薬品であるので一定の注意が必要となります。


5α-還元酵素阻害薬としては、プロペシアやファイザー社から発売されているジェネリック医薬品であるフィナステリド錠、最近グラクソ・スミスクライン社より発売されたザガーロという医薬品があります。細かな相違点はあるにせよ、これらは体内でのテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を抑制することでその効果を発揮します。


これは男性ホルモンの働きを弱めることを意味します。増毛するというニュアンスよりも毛が抜けないことで太く成長していくことでAGAの改善効果が見られます。副作用はこのようなことから、性欲の減退や勃起不全を引き起こすことがあります。またうっかり女性が服用したり、その成分に手で触れることでさえ危険な状況を引き起こす恐れがあります。


それは女性が妊娠していたり、妊娠の可能性があった場合であって、赤ちゃんが男児であったとき、赤ちゃんの性器の形成に異常が出る恐れがあることです。また、服用を中止すると多少の脱毛があります。


ミノキシジルですが、この医薬品はもともとAGA治療薬として開発されたものではありませんでした。皮膚に塗る高血圧治療薬として開発が進められていた医薬品なのですが、AGAに対する効果が期待できるということで方向が転換されて、現在のようなAGA治療薬として発売に至りました。このような経緯もあって、ミノキシジルは血管を拡張させ、血流を改善させることで育毛効果を発揮します。


逆に、血管を拡張するということは血圧を低下させる作用があるということにつながり、低血圧などの人には勧められない医薬品です。症状としては眩暈やふらつきといった形で発症する恐れがあるので、購入時には薬剤師とよく相談してから購入するようにしましょう。



名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム