薄毛治療コラム

AGA治療はどのくらいの期間継続すれば効果が実感できるの?


日本人の成人男性の薄毛で、最も多い原因がAGAであると言われています。AGAは男性ホルモンであるテストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼと結合することで、DHTへと変化をすることで発症することがわかっています。5αリダクターゼが男性ホルモンと結合をして、DHTを生成しないようにできるAGA治療薬が開発されており、その代表的なものがプロペシアとなります。


プロペシアは厚生労働省の認可を受けていることから、AGA治療を行っている医療機関を受診することで処方してもらうことが可能です。日本のAGA治療では、プロペシアやミノキシジルの処方による治療が一般的で、その他にも専門治療としてHARG療法などを行っている医療機関も存在しています。フィナステリドを成分として配合しているプロペシアは、毎日継続して1錠ずつ服用する必要があり、すぐに効果が現れるというわけではありません。


平均的には治療を開始してから、4か月から6か月ほど経過した頃に薄毛を改善しはじめている効果を感じるようになります。3か月から4か月ほどの治療を継続することで、産毛が生えてき始めていることを感じたり、髪の毛が太くなっていることを実感できます。5か月から8か月間にわたって継続治療を行うことで、薄毛が少しずつ気にならなくなってくる人が多くなります。少しでも早く効果が現れるようにするためには、専門治療を行っているクリニックに通うことが最適です。専門のクリニックであれば、血液検査や遺伝子検査などを実施しているところもありますので、自分の薄毛について入念に調べてもらうことができます。


フィナステリド錠やミノキシジルの他にも、ビタミンやミネラルなどが含まれている内服薬などの処方をしているクリニックもありますので、薄毛を少しでも早く改善できる可能性を高めることが可能です。薄毛の原因がAGAではないことも考えられますので、専門的な検査を受けて原因を特定してから対策法を決めることが大切です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム