薄毛治療コラム

AGAの症状・抜け毛の進行について

抜け毛や薄毛が起こる原因は様々です。ですが、男性の場合AGA「男性型脱毛症」で、髪が薄くなるケースが少なくありません。男性型脱毛症は生え際や頭頂部といった、頭皮のある一部分が薄くなる傾向にあります。薄毛が徐々に進行する点が特徴です。


男性は体内でテストステロンという、男性ホルモンが作られています。この男性ホルモンが5αリアクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンへと変化するのですが、このジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こすのです。


ジヒドロテストステロンは髪の毛根部分にある、毛乳頭という組織の受容体と結合してしまうと、毛乳頭の働きを阻害します。


毛乳頭は髪を作る司令塔のような部分ですので、この組織がしっかり作用しないと、健康な髪が育ちません。毛乳頭の働きが弱まる事によって、少しずつ薄毛が進行していくのが男性型脱毛症の特徴です。


男性型脱毛症になると「軟毛」という症状が髪に起こります。


ヘアサイクルという言葉を、聞いた事がある方も多いでしょう。ヘアサイクルとは、髪が生えたり抜けたりを繰り返すサイクルの事です。成長期・退行期・休止期と3つのサイクルで髪は、自然と生えたり抜けたりを繰り返しています。


通常、健康な髪の場合、成長期は2年から6年程度です。この期間、太く長く髪は成長します。しかし、男性型脱毛症になってしまうと、成長期の期間が半年から1年程度と極端に短くなってしまうのです。


まだ、成長している段階の髪が抜けてしまう為、どんどん薄毛が進行してしまいます。男性型脱毛症になると軟毛により、髪が細くハリが無くなるという特徴が現れる為、気になる方はチェックしてみましょう。


男性ホルモンが原因で起こる薄毛という事もあり、頭皮マッサージや育毛剤といった頭皮ケアでは改善できません。男性型脱毛症による薄毛を改善するには、皮膚科やメンズクリニックでのAGA治療が有効です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム