薄毛治療コラム

AGA遺伝子検査とは?受けといたほうが良い?

AGA(男性型脱毛症)は、思春期を過ぎたころから、徐々に額や生え際から薄毛が進行していき、頭頂部や前頭部なども薄くなる場合もあります。髪の毛が細くなってくる、抜け毛が増えるなどの症状があります。


おもにAGA(男性型脱毛症)の原因のひとつとして、親族に薄毛の人がいるなどの遺伝が原因となるとも言われています。「将来的に、自分が薄毛になるリスクはどのくらいなのか」などを調べるために、「AGA遺伝子検査」というものがあります。AGA(男性型脱毛症)を発症しやすい遺伝子かどうかを検査するもので、将来的にどのくらい薄毛になるリスクがあるのかが分かります。


病院で調べてもらうこともできますし、インターネットから申し込みをし、AGA検査キットを取り寄せて自宅で調べることもできます。検査方法としては、両頬の内側の粘膜を採取棒で強く擦り付けて採取する形が主流です。郵送の場合は、通常2から3週間で検査結果が届きますので、その結果をもとに、AGA専門治療薬である「フィナステリド」が効果的であるかどうかが、分かるようになります。


病院での検査の場合は、検査結果をもとにそのまま治療を続けるのか、どうかを医師と相談しましょう。「フィナステリド」とは、もともと前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために開発された薬ですが、服用していた患者に毛髪が濃くなるという副作用が現れたため、薄毛や抜け毛の改善に効果的であることが分かりました。


ご自身で、郵送で検査結果を知った場合には、今後病院で治療をする際の参考にもなりますし、インターネットで、サプリメントや育毛剤などの毛髪治療薬を購入する際の、判断材料にすることができます。若いうちにはピンと来ない薄毛の進行も、こうした検査を受けることで、正しい予防法を見つけることができたり、食生活や生活習慣の改善に繋がっていくというメリットがあります。


ヘアケアは自己流で行うと、かえって逃避や毛髪に良くない結果をもたらす場合もあります。「AGA遺伝子検査」は、親族に薄毛の人がいる方や、正しい育毛や発毛のケアを知りたいという方には、おすすめの検査です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム