薄毛治療コラム

薄毛治療に使われる「5αリダクターゼ」の働きの解説

AGA治療では、発毛を促す治療と薄毛の進行を遅らせる治療が並行して行われるのが一般的ですが、このうち薄毛の進行を遅らせる治療では「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素を阻害する薬が使用されます。5αリダクターゼという言葉は、AGAで悩む人であればよく聞く言葉の一つですが、これはどのような働きをしているのでしょうか。


AGAの原因とされている物質はジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。この物質は作用が強力で、性器やひげ、体毛などの成長に関与する、男性にとっては重要なホルモンです。しかし、頭頂部や髪の生え際では、毛乳頭細胞にある男性ホルモンの受容体と結合することで毛髪の成長を抑制するシグナルを出し、前立腺ではアンドロゲン受容体と結合することで肥大化や癌化を引き起こします。ジヒドロテストステロンは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変換されてできるものですが、このホルモンの変換に関与する物質が5αリダクターゼです。


5αリダクターゼには、皮脂腺に多く存在する1型と、前立腺や髪の生え際、頭頂部などといった場所に存在する2型の2種類があり、AGA治療や前立腺肥大症の治療で用いられる5α還元酵素阻害薬は、2型の5αリダクターゼの活動を抑制させる成分が含まれているもののことを指します。2型の5αリダクターゼに対して効果がある成分としてはフィナステリドやデュタステリドと呼ばれるものが有名ですが、ノコギリヤシや亜鉛といった成分も2型の5αリダクターゼを阻害する効果があります。


一方、1型の5αリダクターゼの活動を妨げる効果がある成分には、緑茶エキスやオウゴンエキス、サンショウエキスなどがあるほか、ノコギリヤシや亜鉛、デュタステリドは2型だけでなく1型の5αリダクターゼの阻害にも効果を発揮します。5αリダクターゼを阻害させる薬やサプリメントを使用する場合は、阻害させたい型に対応するものを選ばなければ、十分な効果が得られないので注意が必要です。


名古屋のAGAクリニック一覧

 

薄毛治療コラム

 

薄毛・育毛関連コラム